横浜『こどもの国』は子どもの遊び場に最適!2022 あそびの中に未来がある!駐車場も完備!

輝く未来の港町「横濱~Yokohama~」の今を伝えるブログ『コザヒロ日記』をいつもご覧いただきありがとうございます。

さて、週末は5歳の長男と3歳の次男を連れて、『こどもの国』に行ってききました!!
こどもの国の感想など書いていきたいと思います。

『こどもの国』の入り口ゲート前で記念撮影!

こどもの国(横浜市)とは

神奈川県横浜市青葉区にある「こどもの国」は、皇太子明仁親王の御成婚・浩宮徳仁親王のご生誕を記念し、1965年(昭和40年)5月5日に設置された広大なテーマパークです。

園内は自然がいっぱいで、横浜で一番長い滑り台(110m)やボート、乗馬など、子供たちが喜ぶアトラクションが設置されていて、1日思いっきり遊べます。

横浜で一番長い滑り台

横浜で一番長いローラー滑り台

こどもの国に到着してから、まずは横浜で1番長いすべり台に乗りました!!
休日という事もあり、かなり順番待ちで並びました。

休日は20~30分待ちということも・・・

感想は・・・
意外とスピードが出ない(笑)

安全で、子どもたちは楽しんでいたので良かったですが、思ったほど、スピードは出ませんでした!

あとローラー式の滑り台なので、滑った後はお尻が痛くなりました・・・

プラスチックのソリ(敷物)を使うと、より楽しめると思いました。


サイクルボート

滑り台のあとは、白鳥の湖コーナーに行って、家族でサイクルボートに乗りました。
サイクルボートは自転車ペダルをこぐと前に進むボートです。1台30分で700円の料金がかかります!

家族4人でサイクルボート

サイクルボートは大人2人と幼児2人の家族4人までなら、乗ることができました(ややキツイですが)。
ボートのペダルを漕いで結構疲れましたが、子供たちは船を操縦して大喜びでした♪

長男が操縦して、親が一生懸命、ペダルを漕ぎます(笑)

ランチはお弁当

こどもの国の中には、食堂もついていますが、今回はお弁当をもっていきランチをしました。
園内のいたるところに机や、椅子があるのがGoodでした。

まとめ

というわけで、こどもの国を満喫してきました。1日ではとても遊びつくせない広さでした。

子どもたちも、「とても楽しかった~また行きた~い♪」と言っていたので、折を見て、また遊びに行きたいと思います!!

それではまた次のコザヒロ日記でお会いしましょう♪バ~イ♪♪

遊んだ後のアイスは最高だぜ!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。