夏休み!息子たちと恐竜博へ (神奈川県 横浜 みなとみらい) 「Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア」大陸の恐竜物語~2021@YOKOHAMA 自由研究にも

輝く港町『横浜』の今を伝えるコザヒロ日記をいつもご覧いただき、ありがとうございます。
さて8月に入り、これから夏休み!子供と、どこに行こうか計画を立てられている方も多いのではないでしょうか?

夏休みといえば「恐竜展」!

ティラノサウルス(恐竜2021)
「Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア」大陸の恐竜物語~2021@YOKOHAMA

というわけでパシフィコ横浜で開催されている「Sony presents DinoScience 恐竜科学博〜ララミディア大陸の恐竜物語〜 2021@YOKOHAMA」へ息子たちと行ってきたので、その概要や感想、息子たちの反応などをお伝えしたいと思います。

開催概要

開催概要の詳細は、公式サイトをご覧ください。土日・祝日や、お盆の期間は割増料金になっているのでご注意ください!結構、いいお値段です(笑)

タイトルSony presents DinoScience 恐竜科学博〜ララミディア大陸の恐竜物語〜 2021@YOKOHAMA  
公式サイトhttps://dino-science.com/
料金・大人(19歳以上) ¥2,800
・中学生~18歳 ¥2,000
・4歳~小学生 ¥1,400
※土曜・日曜・祝日・特定日: 8/7(土)~8/15(日)は200円割増

会場へは、車で(みなとみらい公共駐車場)

今回、会場へは、車で行きました。横浜グランドインターコンチ直結の『みなとみなとみらい公共駐車場』(有料)へ駐車して、こどもの足で徒歩8分ほどでした。みなとみらい駅からは徒歩15分ほどかかりそうです。

ヨコハマグランドインターコンチ
ヨコハマグランドインターコンチネンタルから徒歩で

横浜パシフィコに到着しました!

横浜パシフィコ
恐竜科学博の会場~横浜パシフィコ~
会場入り口にて記念撮影

新型コロナウィルス対策として、3歳以上の方は、マスクの着用が必須です(※2歳以下は任意)。

大迫力!ティラノサウルスやトリケラトプスの骨格標本が!

会場には、ティラノサウルスより小型でチーターのようなハンターだったゴルゴサウルスや、トリケラトプスの標本が展示されていました。

でっかいな~。こんな大きな恐竜が、昔、地球にはいたんだな~
トリケラトプスの標本
館内は写真撮影OKのところも!動画撮影はNG。

幼い、トリケラトプスの標本も展示されていました。

赤ちゃん恐竜の標本だ~

ティラノサウルスや幼いトリケラトプスの影が白い画面に投影されて動きます。
息子も、必死に、動く恐竜の影を追いかけていました♪

こんなに大きな恐竜が昔、空を飛んでたのか~!

まとめ

というわけで、息子たちも恐竜展が気に入ったようで「楽しかった~」と満足そうでした♪♪

家に帰ってからも僕が両手を広げて「ガオ~!!」といって、息子たちを追いかけると、「恐竜が来た~」と笑いながら走って逃げまわっていました(笑)

というわけで皆さんも充実した夏休みをお過ごしください!!ではまた♪

恐竜展に行った後は、コスモワールドへ行って観覧車へ乗ったり、アイスを食べました♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です